一般社団法人九州スマートエネルギー協会 一般社団法人九州スマートエネルギー協会

セミナー開催レポート

第5回スマートエネルギーシンポジウム

第5回スマートエネルギー
シンポジウム案内はこちら

第5回スマートエネルギーシンポジウム開催レポート

第5回スマートエネルギーシンポジウム

【開催日時】8月6日(火) 14:00〜16:30
【開催場所】福岡商工会議所 408号室
【主催・後援】主催:九州スマートエネルギー協会
後援:福岡商工会議所
【参加人数】38名(定員50名)
【講演・発表】 第1講 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州) コーディネーター 澤 克彦 様
「SDGsで取組むスマートソサエティと地域循環共生圏」

第2講 西部ガス株式会社 営業本部 福岡都市開発部長 福永 一之 様
「西部ガスグループの未来のエネルギー戦略と展望について」

台風が九州を直撃し、雨や風が降る中、今回はいつもよりやや少ない38名の方にご参加頂きました。
当社団法人の代表理事、川邊によるオープニングメッセージにて、エネルギーの多様化の話(特に九州大学が取り組む水素エネルギー等)や、本日のゲスト講師の紹介を行いました。

セミナーの模様 セミナーの模様

第1講のEPO九州の澤様からは、最近話題となることが多いSDGsの普及取組に関する話や、各地域がその特性を生かした強みを発揮する地域環境共生圏の話をして頂きました。
また地域循環共生圏は、Society5.0をベースとし、その実現にはSociety5.0が不可欠であることも説明頂きました。
受講者の方からは、特にSDGsに関して、言葉は知っていたが内容まで詳しく知らなかったので、講義を聞いて理解が深まった、との声が多く聞かれました。

セミナーの模様 セミナーの模様

第2講の西部ガスの福永部長は、西部ガスグループの会社紹介や取り巻く環境を説明された後、事業構造の多様化・強靭化をすすめるスクラム2019の中期経営計画についてご説明を頂きました。
40を超える西部ガスグループ企業の様々な取り組みや、水素・LNG等多様なエネルギーへの取り組み、また地域との共生等お話は多岐に亘り、受講者の方からもガスだけではないエネルギーの話が聞けて良かったなどの声を頂きました。

セミナーの模様 セミナーの模様
【参加者の声(アンケート30名の方から回答・抜 粋)】

(第1講)
・CO2問題など温暖化に関心があり、生活に直接関係あることで参考になりました。
・早速、SDGsを会社目標に取り組むように提言したいと思います。
・SDGsに関しては、職場や家庭を通じてまず私が出来ることから始め、周りを波及させていきます。
・SDGsについて興味があったため、少し詳しく知ることが出来て良かったです。
・具体的な個々の活動の紹介があればもっと良かった。

(第2講)
・西部ガスグループの事業内容と将来の展望が理解できました
・水素ガス、LNGの可能性をすごく感じることが出来た。
・エネルギー供給事業としてのメタネーション、コージェネ、EMSなど手法、さらには異業種への資本投下や運営委託に関し、大変勉強になりました。多種多様なお取組みの各々のご成功を楽しみにしております。

(セミナー全体・自由記入欄)
・現実に振り回され、近未来を見つめていないことを再認識しました。
・毎回、様々な切り口のエネルギー提案があり、かなり参考になります。
・今後も様々なテーマで開催をお願いします。

今回の受講レポートは以上になります。

次回は来年11月頃に第6回のセミナーを開催予定です!

セミナー開催レポート一覧

トップへ戻る